話題のウエストダイエット法

遺伝子型ダイエットでウエストサイズダウン

「遺伝子型ダイエット」という言葉を耳にしたり目にした事はありませんか。

 

遺伝子型ダイエットとは、自分自身が持っている肥満遺伝子に合ったダイエット方法を用いることで、効果的にダイエットを進めることができるというものです。

 

遺伝子によって脂肪のつき方や太る要因等も異なるので、まずは自分の肥満遺伝子のタイプを知る事が重要で、そのタイプに合ったダイエット方法を進めることによりウエストのサイズダウン効果を期待するのです。

 

日本人の肥満は、洋ナシ型・リンゴ型・バナナ型・複合型の4つのタイプに分けることができ、その遺伝子の型は検査キットで調べることができるのです。

 

ウエストが気になる人が多いのが洋ナシ型とリンゴ型で、前者が皮下脂肪が多い肥満で脂っこい物などが好きな脂質の代謝をするダイエットが必要な人です。

 

後者は内臓周りに脂肪がついている肥満で甘いもの好きな、糖質の代謝をするダイエットが必要とされる人です。

 

隠れ肥満の人に多いバナナ型と診断された人は、太りにくいタイプではありますが太ってしまうとダイエット効果が出にくい為、肥満にならないように注意しなくてはなりません。

 

複合型はアダム・イヴ型と言われており、遺伝子の影響よりも生活習慣の乱れから肥満になるタイプなので、正しい食事と生活習慣に気をつけるとダイエット効果も得られやすいと言われています。

 

ウエストのサイズダウンを目標とするダイエットでも、タイプ別に違った取り組み方になります。

 

検査キットはインターネットで5000円前後で購入できるので、ウエストなどの肥満が気になる人は一度調べてみることをお薦めします。

遺伝子型ダイエットでウエストサイズダウン関連エントリー


数多くあるウエストダイエットの方法を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 効率的なウエストダイエットナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

遺伝子型ダイエットでウエストサイズダウン